TOP >> 新生児 1ヶ月検診について詳しく教えます

産後ママの悩み解決します

新生児 1ヶ月検診にういて詳しく教えます

新生児 1ヶ月検診は、赤ちゃんが生まれてから約1か月目に行われます。

出生した病院か、かかりつけの産婦人科などで行われます。

新生児 1ヶ月検診の主な目的は、赤ちゃんが順調に、

健康に育っているかみるためのものです。

その中でも、赤ちゃんの成長と健康状態の確認、先天性の病気や障害の有無、

育児の悩みや質問に対して情報提供する、という目的が重視されています。 

 

 

 

このために、成長をみるための手段として、

新生児 1ヶ月検診では、身長と体重、胸囲、胴囲の測定をします。

頭位は、大人の身体測定でははからないものです。

しかし赤ちゃんの場合は、小頭症や水頭症などの病気を早期発見するために、必要となります。

体重をはかることにより、健康と栄養面を重視します。

出産時の体重から、1か月でどのくらい成長したかをみます。 

 

 

 

病気や障害の有無の確認では、心臓の診察、肺の呼吸音などの聴診が行われます。

皮膚のかぶれ、おへそや性器の状態、股関節の異常など、全身を視診、触診したりもします。

大きな音を聞いたり、後ろに倒そうとするふりをしたとき、前にあるものいしがみつくか、など、原始反射の確認も行います。

それと、ママへの問診です。うんちの回数、ミルクの飲み具合などを聞き取りしていきます。

診察では、赤ちゃんとは意思疎通できないため、ママと情報を共有して言います。

新生児 1ヶ月検診では、ビタミンKシロップを少し飲ませます。

新生児メレナという、赤ちゃんの病気を予防するためのものです。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史