TOP >> アデノウイルス感染症について詳しく教えます

産後ママの悩み解決します

プール熱とも呼ばれる、アデノウイルス感染症について

赤ちゃん 病気で多いのがアデノウイルス感染症です。

プール熱とも呼ばれます。

赤ちゃん 病気の中でもアデノウイルス感染症は、

高い熱が5日程度続くという特徴があります。

かぜのひとつとして分類されています。 

 

目にも感染しやすいです。

結膜炎が伴うときは、プール熱と呼ばれます。 

 

乳幼児から学童で、発症率が高くなります。

原因としては、いくつかの型があり、いろいろな症状を引き起こします。

外来で多いのが扁桃炎で高熱が続くという症状です。

患者のせき、くしゃみが飛散し、それを吸い込んだ人が感染します。

これを飛まつ感染と言います。

便にも排泄されるため、介助者の手を通じ、感染することもあります。 

 

 

 

発症に季節性は特にありません。

しかし、冬から春にかけてが、感染が多くなりがすくなります。

感染力は強いです。

保育園や幼稚園などで、ひとり感染すると、まわりにも感染が広がり、集団感染となりやすいです。

感染してから発症まで、潜伏期間は約5日間となります。 

 

 

 

症状の発症は、急な発熱から始まることが多いです。

39度~40度になることもよくあります。

熱は昼間に下がり、夕方下がるなど、上がったり、下がったりということを起こしやすいです。

高熱が出ますが、本人は比較的元気であることが多いです。

熱は平均で5日感続きます。

症状がひどい場合は7日間程度、長引くこともあります。 

 

 

 

症状の出方としては、最初は熱が出て、

途中から軽いのどの痛みやせき、鼻水が出たりします。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史