TOP >> ベビー布団の選び方について

産後ママの悩み解決します

ベビー布団の選び方を教えます

ベビー布団の選び方は、赤ちゃんの体つきに合わせて考えないといけません。

たとえば、骨や関節が未発達です。

また、股関節が未発達です。

体温調節ができません。

 

 

 

また、皮膚が薄いので肌がデリケートにできています。

首は細くて不安定なのに、頭は大きくて重い、というように、

頭の大きさと首の長さがアンバランスなのも、赤ちゃんの特徴です。

このような特徴をふまえつつ、ベビー布団の選び方を考えていかないといけません。 

 

 

 

 

ベビー布団の選び方でまずおすすめしたいのは、良質な素材のものです。

デリケートなお肌にやさしい、オーガニックコットンがおすすめ。

無農薬栽培の天然コットンを使用し、敏感でデリケートな赤ちゃんをやさしく包んでくれます。

また、高性能敷きふとんを選ぶのも大切です。

 

 

 

 

柔らかすぎてもいけないし、硬すぎてもいけません。

体が沈み込まない程度の、ほどよい硬さのものが良いです。

また、耐久性や通気性にすぐれているものも良いです。

床に接する面にでこぼこがあると、放熱、放湿度があります。 

 

 

 

 

セットを考えるなら、キルティングパッドと、防水シーツはついているものを選びたいです。

これらのアイテムは、赤ちゃんのお世話をするときに、あると便利です。 

 

 

 

しわがよりやすいか、よりにくいかも重要な点です。

生地の素材が悪いもの、折り目が粗いものは、洗濯するとしわしわになってしまいます。

見た目によくないし、デリケートな赤ちゃんへの影響も心配ですから、素材は大切な要素なのです。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史