TOP >> 新生児のチアノーゼとは?

産後ママの悩み解決します

新生児 チアノーゼは、何故おきるのでしょうか?

新生児 チアノーゼは、血液中の酸素濃度が不足すると、引き起こされます。

新生児 チアノーゼは、唇の色が紫色に変色している状態を言います。

おっぱいを飲んで、むせたあとに呼吸が止まり、引き起こされるケースが多いです。 

 

 

 

新生児 チアノーゼが、弱くなったり、強くなったりしながらいつも続いてしまうのなら、

心臓か肺に問題がある可能性があります。

私たちの血液は、肺で新鮮な酸素を供給し、その血液が心臓に運ばれた後に、

体のすみずみまで運ばれて、酸素を供給しています。

心臓か肺に障害、問題があるときは、それがうまく流れなくなり、酸素が不足してしまいます。

それが、引き起こす原因となるのです。 

 

 

 

 

障害や問題があるとき以外で引き起こされるようなときは、

呼吸が不規則で、ときどき息をとめてしまったり、

強く泣きすぎて一時的に息を吸い込めなくなる、などの場合があります。

おっぱいが食道ではなく、気管や肺に入ってしまったときにも、引き起こされます。

 

 

 

呼吸が不規則になり、ときどき息が止まり、

それが長引いてしまうと、無呼吸発作となり、症状が出てきます。

呼吸中枢が未成熟な、早産や未熟児に比較的多いです。

標準体重以上で生まれた成熟児でも、見られることがあります。

 

 

 

成長して、呼吸中枢が成熟してくると、

こうした症状が出るのは解消されていきます。

一時的に何かの理由で息がとまっても、酸素濃度が下がり、

炭酸ガスの濃度が上がった時に、脳からの指令で、

呼吸が再開されるようになるためです。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史