TOP >> 新生児 聴力検査は どうしたら良い?

産後ママの悩み解決します

新生児 聴力検査について詳しく教えます

新生児 聴力検査は、「新生児聴覚スクリーニング」とも呼ばれています。

新生児 聴力検査は、赤ちゃんの耳の聞こえを調べるためのものです。

問題がある場合、それに気づいていないと、言葉の発達に大きな影響を及ぼしてしまいます。

こうした状況を防ぐために、検査をして、耳の聞こえを早期に発見しよう、というのがこの検査の目的です。

問題がみられるようなら、適切な支援をして、その後の支障を減らしていく取り組みが開始されます。 

 

 

 

検査はコンピュータでる反応によって、調べられます。

生まれてすぐの赤ちゃんは、言葉を話せないため、受け答えにより調べることができないためです。

これには、自動ABR(自動聴性脳幹反応)という方法と、OAE(耳音響放射)という方法の2種類があります。

自動ABRは、音を赤ちゃんに聞かせて、脳からの電気的反応を調べるものです。

OAEは、耳から音を入れると、内耳から反射音が出るという性質を利用して調べるものです。

どちらの検査も痛みはありません。

 

 

また、数分程度ですぐに終わるため、赤ちゃんへの負担もほとんどありません。

検査は赤ちゃんが眠っている安静時に行われます。

そのため、生後するの入院中に行われています。

 

 

 

この検査は簡易検査です。

この検査が最終判断ではなく、スクリーニングをして再検査が必要になったときは、さらに詳しく「要再検」を行います。

しかし、要再検を行った赤ちゃんのうち、半数は精密検査で正常と診断されています。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史