TOP >> 新生児 中耳炎の症状と対処法 教えます

産後ママの悩み解決します

新生児 中耳炎 どうしたらいいか教えます

新生児 中耳炎は、赤ちゃんは大泣きして、ミルクもおむつも問題ないけれど、

少し熱があって、耳に触れると痛がるようなときに、疑われます。

新生児 中耳炎は、ほとんどが急性のものです。

耳垂れが出ていないかなどをチェックしましょう。 

 

 

 

急性の状態で完治させないでいると、何度も繰り返すようになってしまいます。

あるいは、滲出性中耳炎になる可能性もあります。

滲出性のものは、鼓膜の奥に分泌液がたまる病気です。

子供の難聴で、一番の原因となるものです。 

 

 

 

放置していると、髄膜炎を起こしてしまうこともあります。

耳のところにいる菌が、さらに奥に進み、

脳を覆っている髄膜をおかしてしまうことがあります。

症状としては、高熱が続いておう吐を繰り返すようになります。

頭痛がするので、赤ちゃんは不機嫌になります。

大泉門がふくらんで、けいれんを起こします。

入院治療が必要な病気です。 

 

 

 

異常は早めに気づき、処置することが大切です。

日ごろから赤ちゃんの様子をよく観察し、急性の段階で治療を開始するようにしましょう。

熱があって機嫌が悪い、耳を手で触っている、

少し耳を引っ張っただけで泣く、耳垂れがあるなどの症状があるときは、発症が疑われます。 

 

 

 

原因としては、かぜが一般的です。のどと鼻、耳はつながっています。

かぜをひいて、鼻やのどに炎症があるとき、その原因となる細菌が、

耳管を通って中耳に入り込んでしまうと、発症してしまいます。

うみが中耳にたまり、鼓膜を内側から押すため、痛がります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史