TOP >> ヘアスタイルは、産後どうしてる?

産後ママの悩み解決します

産後のヘアスタイルをどんな風にするか?迷うよね

産後 ヘアスタイルでは、忙しい中でも、

かわいい感が出せるような工夫が大切です。

産後は赤ちゃんのお世話で忙しいので、

ヘアスタイルにはなかなか手がまわらないものです。

 

 

 

でも、キレイでいたい。

キレイなママと呼ばれたい。

そんなときに助かる髪型をご紹介します。 

 

 

 

ポイントとしては、髪を結んだ状態が、

基本スタイルになるようにカットすることが挙げられます。

授乳中は、髪は結んでおいたほうが良いでしょう。

赤ちゃんが、授乳中に髪を引っ張ってしまうからです。

 

 

 

それに、すぐ髪が落ちてきたら、ジャマですよね。

出産を機に、ショートとか、ボブにしてしまうママさんが多いです。

髪が落ちてくる心配がないし、シャンプーのときも楽だからです。

 

 

 

でも、ボブの場合、普段はいいですが、授乳中はやっぱり、

髪を結ばないと、ジャマになってしまいます。

だからこそ、髪を結んだ状態を基本に考えておくのが良いのです。 

 

 

 

ただ、1本に結んでしまうと、老けた印象になってしまうおそれがあります。

だから、毛先にカールが入るように、パーマをかけることをおすすめします。

また、髪の量を減らしすぎないことも大切です。

この点に気をつけていくと、無造作に結んでいても、かわいく見えるものです。 

 

 

 

 

ちなみに、ずっと同じところで結んでいると、クセがついてしまいます。

たまには高さを変えたり、横に結んでみましょう。

クセづけを避けられるし、イメージチェンジにもなるので、おすすめですよ。

 

産後お腹の戻し方と産後の腰痛・うつ生活注意点TOPページはコチラ



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史