TOP >> rsウィルス 検査は、保険適応するのか?

産後ママの悩み解決します

rsウィルスって検査は、保険適応する?

rsウィルス 検査は保険適応されています。

rsウィルス 検査はもともと、保険適応なのは入院患者のみでした。

しかし2011年より、外来患者にも拡大されています。

しかし、外来の患者全員が対象となったわけではないので、

ここには注意が必要です。

対象は1歳未満の乳児と、

パリビズマブ製剤が適応となっている患者のみとなります。 

 

 

 

入院患者の場合、

病院内で感染をコントロールする必要があります。

なので、対象となります。

しかし、保育園や幼稚園などでは、陽性の人と、

陰性の人を、分けて管理するのはかなり難しいことになります。 

 

 

 

 

感染すると困るのは、主に3か月未満の乳児です。

また、心臓や肺に基礎疾患がある子供です。

3か月未満のお子さんでは、急に症状が悪化することがあります。

しかし重症化する人はせきや鼻水の症状以外に、

母乳の飲みが少ないとか、元気がないとか、

呼吸が苦しそうになるなどの症状があります。

この場合は、調べてみることなく、

入院治療ということになるでしょう。 

 

 

 

こういった事情のため、外来診療が主なクリニックでは、

調べる必要性が生まれることは、ほとんどないと思われます。 

 

 

 

ありふれたものなので、通常は、感染してもせきや

鼻水のかぜで終わるものです。

小さいお子さん、基礎疾患のあるお子さんでも、

感染の有無ではなく、ミルクは飲めているか、

眠れているかなどの症状を観察し、

適切な対応をすることが大切となります。

日ごろからお子さんの様子をよく観察しておきましょう。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史