TOP >> 父親の育児休暇を申請するタイミングは?

産後ママの悩み解決します

父親の育児休暇を申請するタイミングって?

父親の育児休暇 タイミングは、どのようにとればいいのでしょうか。

それにはまず、夫婦での話し合いが最初となります。

どうして育児休業を取りたいのか、どのように妻をサポートするのか、

決めてから育児休暇 タイミングを考えましょう。

 

 

例えば、ママの産後8週のうちに、パパが取るとします。

すると、その目的は出産後の妻をサポートするため、となります。

その際は、家事や上の子の世話が中心となります。

そのタイミングですが、第2子なら、出産直後から、

夫が3か月、取得するのが基本的なパターンとなります。 

 

 

もしくは、夫婦で交互にとる、ということもできます。

これは、妻ができるだけ早く復職したい、というとき。

また、パパが育児を経験してみたい、というとき、

交代で取得して、ひとりで育児をがんばってみる、

というのも良いでしょう。

 

 

この場合、同期としては、出産後の妻をサポートするためと、

復職後の妻をサポートする、という2つの意味があります。

だから、第1子の場合、妻が1年のお休みをとったあとに、

入れ替わりで夫が2か月、取得するというパターンが考えられます。

その際に、保育所への入所手続きも済ませておきます。 

 

 

ふたりでタイミングを合わせて、一緒に取得することもできます。

例えば、妻が取得しているときに、夫も3か月間、

取得する、というパターンが考えられます。

一緒に乗り越えれば、夫婦のきずなも高まります。  

 

いろいろなパターンがあるので、夫婦で話し合って、

自分たちに合ったものを選びたいです。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史