TOP >> 育児休暇 過ごし方は、どのように?

産後ママの悩み解決します

育児休暇 過ごし方の理想は?

育児休暇 過ごし方は、子供とゆっくり過ごす、

という大前提があるのはもちろんですが、

どうせなら復職後を見据え、自分磨きもしたいものです。

育児休暇 過ごし方で、復職を考えていると、

その後もスムーズになります。順調に仕事に復帰しやすいです。 

 

 

 

一人目の子供を育てているときは、実は孤独だったりします。

社会から断絶されたような気分になってしまうかもしれません。

そういう落ち込んだ気分のままでいると、体調もなかなか回復しません。

それが産後うつにつながってしまうこともあります。

 

 

そういう中で、仕事復帰してしまうと、

自分のことで精いっぱいになってしまいます。

そういう思いをして、「もう少しいろいろ、やっておけばよかった・・・」と思うのなら、

その反省を二人目に生かしましょう。

 

 

例えば、育休中に、復帰後を考えた行動をとると良いでしょう。

活動したり、セミナーに参加したりすることができます。

 

 

休みの日には、お子さんと一緒に遊びにったり、

リラックスできる時間をつくったりすることも大切です。

一人目はいっぱいいっぱいでできなかったことも、

育児についての知識がついてきた二人目なら、アレンジしやすいです。

今までやりたかったようなこと、パッチワークやビーズアクセサリー作りにチャレンジする、

というのも良いでしょう。

 

 

仕事をしながらだと、なかなかできないことです。

趣味があると、仕事に復帰してからも、

リラックスできる時間をつくりやすくなります。

 

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史