TOP >> 育児休暇と生活費について

産後ママの悩み解決します

育児休暇と生活費 はてさて

育児休暇 生活費は、育児休業給付金が拡大したので、

それでほぼ、まかなうことができるようになります。

この制度は平成26年4月から、拡充されました。

それまで、働いていたころの賃金の50%しか支給されなかったのが、

67%も支払われるようになりました。

 

 

しかも、税金もほぼ、支払わなくてもすむようになるので

、結果として、働いていたころの約8割の分が、

手に入るようになります。

これは大きいです。

育児休暇の間生活費をどうしよう、と考えているのなら、

この給付金だけでほぼまかなえることを知っておいてください。

 

この給付金は、開始から6か月までしか引き上げが認められていません。

しかし、夫婦ともに取得すれば、妻半年間、夫半年間、

両方で1年間、割り増しで受け取ることができます。

だから、夫もぜひ、お休みをとって、育児に専念していただきたいです。

そのほうが、お得になります。 

 

取得のメリットは、お得になるだけではありません。

家庭が安定する、という大きな利点があります。

 

 

 

生まれて間もない赤ちゃんの子育てを

一緒にすることにより、家族のきずなが深まります。

ママばかりにストレスがかかりがちだったのが、

悩みを聞いてあげたりして、ストレスなく過ごす環境を用意してあげやすくなります。

仕事にも好影響があります。時間意識が高まるので、生産性の向上に役立ちます。

情報を共有化するので、チームワークも高まるでしょう。

自分たちの家庭だけではなく、職場にも良い影響を与えられるのです。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史