TOP >> rsウィルスと犬との関係

産後ママの悩み解決します

rsウィルスと犬って どういう関係

rsウィルスは犬と生活することにより防げるかもしれない、

という説があります。

これまでも、疫学的な追跡調査により、

飼育により子供の喘息発生予防に

役立つという結果が発表されていました。

しかしそのメカニズムは解明されていませんでした。

ここにきて、rsウィルスの犬との生活による

予防効果が注目されています。

一緒に生活している家庭では、

ハウスダストの微生物が、感染を防ぐ可能性ある、

という研究結果が発表されたのです。 

 

 

 

これは、気管支炎や肺炎などの原因となるものです。

子供がかかるかぜの原因となるものの大半は、

これによるものとなります。

乳幼児が感染すると、重症化しやすくなります。

乳児期に感染した子供は、

そのあとに喘息を発症するリスクが高まると言われています。 

 

 

 

rsウィルスの犬との生活による予防効果を調べた実験では、

マウスの3つのグループを比較しました。

飼育する家庭のハウスダストをあつめ、

8日間さらしたあとに、投与したグループが1つめ。

ハウスダストにさらさず、直接投与したグループが2つめ。

そして、ハウスダストにも、

感染のもとにもさらされていないグループが3つめです。

すると、ハウスダストにさらされたグループのマウスは、

感染の症状としてみられる炎症、

粘液分泌がないという結果が出たのです。

他の2つのグループのマウスは、

異なる種類の腸内細菌が見つかりました。 

 

このことから、ハウスダストにさらされた

マウスの胃腸にのみ腸内細菌がみられ、

免疫反応に影響を及ぼしている、

という可能性が示されました。

 

これからも両者の関係に

注目ですね。



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史