TOP >> 痔ろうに注意

産後ママの悩み解決します

産後は、痔ろうになりやすいのです

産後 痔ろうは起こりうるものです。

産後 痔ろうは、肛門にある小さな穴に、

便のバイキンが入り込んで、化膿することにより、

引き起こされると言われています。

 

 

 

肛門が腫れて、激しく痛み、

そのあと、肛門にしこりができた状態です。

これは、下痢がひきがねになることが多いです。

下痢をすると、便がすごい勢いで排出されるものです。

 

 

そのとき、普段は入りこまない、小さなくぼみにまで入り込み、

そこに、細菌が感染し、化膿したり炎症を起こしてしまうのです。 

 

 

 

 

これとは別に、出産を経験した女性の7割が、

お尻の悩みを抱えているという調査結果があります。

それほど、出産と根深い関係があるんですね。

たとえば、赤ちゃんを産むとき、いきんでいて、

それで発症してしまう、というケースもあります。 

 

 

 

 

そもそも、女性はお尻のお悩みをかかえがちです。

生理前には、女性ホルモンの関係で、

腸のぜん動運動が弱くなるのが原因として考えられます。

 

 

 

便を我慢していたり、ダイエットをしたりして、引き起こすこともあります。

なので、出産の経験がなくても、5割の女性が、お尻のお悩みを抱えているそうです。

もともとの素質があるため、出産後はよけいに発症しやすくなるのでしょう。 

 

 

 

 

妊娠中は、お腹の中で、子宮が大きくなります。

だから、大腸から直腸をかなり圧迫します。

これが血流の阻害や、腸のぜん動運動を弱くしたりするのにつながり、

排出するときに、よけいにいきまないといけなくなるのです。

 

 

産後お腹の戻し方と産後の腰痛・うつ生活注意点TOPページはコチラ



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史