TOP >> 子供への体型 遺伝について

産後ママの悩み解決します

子供への体型 遺伝について詳しく教えます

子供の体型は遺伝しやすいと言われています。

両親が太っていると、その子供も太っていたりすることが、多々ありますよね。

それが子供の体型の遺伝です。

 

 

実際には、影響がでる割合は、25%と言われています。

だから、それほど高い数字ではありません。

日常生活や食生活に気をつけていれば、回避できるレベルです。 

 

 

 

しかし、それは同時に、自分が気をつけていなければ、他の人に比べて肥満になりやすくなる、ということでもあります。

きちんと生活習慣と食生活に気をつけていれば、ヤセた体型を維持できますが、油断してしまうと、肥満にまっしぐらです。

また、スポーツ選手などは、将来太ってしまうかどうかかで、選考基準に関わりが出てしまったりすることもあります。

あなどれないですね。 両親のどちらも標準体重であるのなら、子供が肥満になってしまう確率は、10%まで低くなります。

お父さんかお母さんのどちらかが肥満なら、子供が肥満になる確率が50%。

 

 

 

そして、両親とも肥満なら、子供も肥満になる確率は、なんと80%にまで高くなってしまいます。

体脂肪をある両まで蓄えられる能力は、子供にも備わってしまうのです。

しかし、これは肥満体質が遺伝する、というわけではありません。

最初に太りやすい素質があって、太りやすい環境の中にあると、肥満になってしまうということです。

体質として、そういう傾向があるなら、太りやすいことを肝に銘じ、日々心がけることが大切です。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史