TOP >> 子育ての費用あらまし

産後ママの悩み解決します

子育ての費用ってどれくらいかかるの?

子育ての費用を総計すると、

家が1軒建てられる・・・というのは、よく言われることです。

要するに、とてもお金がかかります。

子育ての費用で大半を占めるのが、教育費です。

特に、進学時には、まとまったお金が必要になります。

このため、貯蓄をすると同時に、学資保険を利用して、

いざというときに困らない資金設定を立てておくべきです。 

 

 

 

学費は、年齢が上になるほど、高額になります。

幼稚園には、公立と私立があります。

私立は、効率の2.1倍の負担があります。

しかし、自治体から給付される私立幼稚園修園奨励費補助金

がありますので、多少軽減されるでしょう。 

 

 

 

小学校は、私立を選ぶと、公立の4.1倍かかります。

公立、私立ともに、入学時に学用品がかかります。

学習机やランドセルなど、お金がかかるものをそろえる必要がありますよね。

出費がかさむので、しっかり準備しておきたいものです。 

 

中学校の費用は、私立にすると、公立の2.7倍になります。

私立の学校によっては、校外学習費などが

さらにプラスされることもあります。 

 

 

 

高校は、全日制を選んだ場合、私立は公立の2倍です。

私立学校は、入学初年度に納付する費用がかなり高額です。

また、学校によって、総額にかなりの開きがあります。

中高一貫校でも、高校進学するときに、

あらためて入学金が必要となるところもあります。 

 

 

 

大学は、どの学部に進学するかで、学費にかなり差があります。

国公立では、文系とりけいで、それほど学費に差はありません。

私立では、文系よりも理系のほうが、ずっと高くなります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史