TOP >> 赤ちゃん 首振りは、病気ですか?

産後ママの悩み解決します

赤ちゃん 首振りは、何か 病気なの?

赤ちゃん 首振り 病気としては、チックが疑われます。

チックは5~10人にひとりが経験すると言われています。

赤ちゃん 首振りという病気の症状には、

ほかにまばたきや肩をすくめる、

顔をしかめるなどの症状があります。

普通のくせのように見えるものでもありますが、

神経疾患の仲間です。 

 

 

 

このような症状は、乳幼児期からの心と体の成長に伴い、

みられるようになります。

大人へと成長していくにつれ、自然と消失していきます。

学童や思春期まで続いてしまうと、

生活に支障が出ることもあります。

このような状況が続き、慢性化しているものは、

チックではなく「トゥーレット症候群」と言います。 

 

 

 

チック症は、「運動」チックと「音声チック」の2種類があります。

運動チックは、首を動かすほかに、

まばたきや目を動かすなど、

首から上の動作として表れることが多いです。

しかしジャンプやスキップのように見える動作をするなど、

手足の動きとして表れることもあります。

音声チックは咳払い、あー、うんなどの

短い言葉を繰り返し発生するというものがあります。 

 

 

 

これらの症状は、本人によるコントロールが可能です。

止めようと思ったら、一時的に止められます。

しかし、チックを出したいとき、その動作をしなくてはならない

という強迫観念が強くなったときは、それらの動作を自然にしてしまいます。

そして、開放感を得ます。

なにかに集中しているときは、症状が出にくくなります。

平均的な出現年齢は6歳前後となります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史