TOP >> 赤ちゃんの首が座らないのは病気ですか?

産後ママの悩み解決します

生後6か月になっても、赤ちゃんの首がまだ完全にすわらないって?

赤ちゃんの首が座らないと病気を疑ってしまうものです。

赤ちゃんの首が座らないときの病気には、脳性麻痺などが疑われます。

寝返りをしたり、あやすと笑ったりするものの、

首がずっとぐらぐらしてしまう、というような場合です。 

 

 

 

生後6か月になっても、まだ完全にすわらないときは、

少し遅いと言えるかもしれません。

心配になるようなら、保健所の検診を利用してみるのも良いでしょう。

また、小児科で診察を受けることもできます。 

 

 

 

しかし、心配しすぎる必要もありません。

乳幼児の成長、発達には個人差があります。

発達スピードが遅いお子さんなら、5か月くらいになっても、

ぐらぐらと不安定になることもあるでしょう。

ママとしては心配になると思いますが、

ほかに病気と疑われるような症状がないなら、

それほど気にする必要はないと思われます。

そのお子さんの発達のスピードが、

少しゆっくりなせいだけなのかもしれません。 

 

 

 

ちょっとサポートしてあげることで、

ぐらぐらしていたのが安定しやすくなるかもしれません。

ママがうつぶせや縦抱きなどで遊び、首を鍛えてあげるのです。

ママがだっこして触れ合うことで、お子さんの成長が促されるはずです。

 

 

また、ママのほうも、スキンシップすることで、

お子さんの小さな成長に、気づきやすくなるはずです。

うつぶせにするときは、窒息してしまうおそれがあります。

うつぶせにする間は、ずっと様子を見てあげるようにしましょう。 

 

目が合わない、けいれんするなどの症状がないときは、

一度診察を受けてみると良いでしょう。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史