TOP >> 新生児の水疱瘡に気をつけましょう

産後ママの悩み解決します

新生児の水疱瘡に特に注意!!

新生児 水疱瘡は、気を付けてあげたいことです。

ワクチンを接種しない場合、発症により、

100万人に20人が死亡すると言われています。

近年でも、10人ほどの死亡者がいます。

 

 

はしかの死亡者よりも、みずぼうそうによる死亡者のほうが多いのです。

成人や妊婦にも注意が必要です。 

 

 

 

ある程度成長が進んだ乳幼児では重症化することはまれです。

しかし、それが引き金になり、別の病気が引き起こされ、

入院する例がほとんどとなります。

 

 

別の病気とは、肺炎、気管支炎、熱性けいれん、

細菌感染症、髄膜炎や脳炎など神経系の病気にかかってしまうこともあります。

しかし、0歳児、1歳児は、重症化しやすいです。

 

 

生後4か月以下の赤ちゃんは、胎児の間に、

お母さんから免疫をもらっているので、かかっても軽症ですみます。

しかし、お母さんがかかったことがなければ、

赤ちゃんは免疫を持っていないので、重症になりやすくなります。

 

 

 

お母さんからもらった免疫は一時的なものです。

生後、成長していくにつれ、なきうなってしまいます。

生後7か月以上の0歳児、1歳児がかかると、

重症化しやすくなります。 

 

 

 

妊婦さんは、検査をして有無を調べられます。

これは、妊娠中に感染してしまうと、

退治や新生児に多大な悪影響が起きてしまうためです。

妊娠初期に、初めて感染すると、2%の頻度で胎児、

新生児に重い障害を起こすおそれがあります。

 

 

妊娠5か月以降は、お母さんが感染すると、

赤ちゃんが帯状疱疹を早期に発症しやすくなります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史