TOP >> 新生児の水疱瘡に気をつけましょう

産後ママの悩み解決します

新生児の水疱瘡に特に注意!!

新生児 水疱瘡は、気を付けてあげたいことです。

ワクチンを接種しない場合、発症により、

100万人に20人が死亡すると言われています。

近年でも、10人ほどの死亡者がいます。

 

 

はしかの死亡者よりも、みずぼうそうによる死亡者のほうが多いのです。

成人や妊婦にも注意が必要です。 

 

 

 

ある程度成長が進んだ乳幼児では重症化することはまれです。

しかし、それが引き金になり、別の病気が引き起こされ、

入院する例がほとんどとなります。

 

 

別の病気とは、肺炎、気管支炎、熱性けいれん、

細菌感染症、髄膜炎や脳炎など神経系の病気にかかってしまうこともあります。

しかし、0歳児、1歳児は、重症化しやすいです。

 

 

生後4か月以下の赤ちゃんは、胎児の間に、

お母さんから免疫をもらっているので、かかっても軽症ですみます。

しかし、お母さんがかかったことがなければ、

赤ちゃんは免疫を持っていないので、重症になりやすくなります。

 

 

 

お母さんからもらった免疫は一時的なものです。

生後、成長していくにつれ、なきうなってしまいます。

生後7か月以上の0歳児、1歳児がかかると、

重症化しやすくなります。 

 

 

 

妊婦さんは、検査をして有無を調べられます。

これは、妊娠中に感染してしまうと、

退治や新生児に多大な悪影響が起きてしまうためです。

妊娠初期に、初めて感染すると、2%の頻度で胎児、

新生児に重い障害を起こすおそれがあります。

 

 

妊娠5か月以降は、お母さんが感染すると、

赤ちゃんが帯状疱疹を早期に発症しやすくなります。

 




<<ママが育児・家事の合間に自宅で稼ぐネタ特集♪>>

↓↓↓
★一日の中のチョットしたスキマ時間にアルバイト♪
★自分の時間を大切にしたい主婦の方に最適♪

>>>スマホのメールだけでスキマ時間にアルバイトしたいなら

>>>スマホでちょこっとメールするだけ?マジで?

メニュー

美の歴史