TOP >> 赤ちゃんの泣き声 小さいのは、病気かしら?

産後ママの悩み解決します

赤ちゃんの泣き声が 小さいので病気かもしれない?「猫泣き症候群」

赤ちゃんの泣き声が小さいときは病気かどうか心配になってしまうものです。

赤ちゃんの泣き声が小さいことによる病気では、猫のような声で泣く、

というときに心配な上京ではあります。

「猫泣き症候群」と言います。

出産後、病院の新生児にいるときに、猫のような泣き方をしている赤ちゃんは、

「猫泣き症候群」の可能性があります。 

 

 

 

猫泣き症候群は、1万~3万人にひとりの確率で出生する、

重度の知的障害を伴った女児に多い症状となります。

丸顔で頭が小さいという外形的特徴があります。

まぶたはアーモンドのような形をしています。

目と目の間が離れています。

 

 

この場合、新生児期に、子猫のように泣くという特徴があります。

声紋分析では、人よりも猫に近いことが分かっています。

特徴的な泣き方ですが、乳児期の後半には消失します。

ですから、新生児期に気付けないと、そのあとに判断できる時期が遅くなってしみあます。

筋緊張も低下していることが多く、四肢の動かし方も弱くなります。 

 

 

 

50%以上の確率で、2500g未満の体重で出生します。

50%の乳児は、なかなか食事をしてくれないという特徴があります。

全例知能指数は35未満となります。かんせんしょうや窒息により、

早期に死亡する確率は10%となります。 

 

乳幼児期は、体が柔らかいです。

しかし正常化してくるので、柔らかさは失われ、むしろ硬くなることがあります。

年長になると、筋肉が大きくなることもあります。 

 

頭が小さく、額が三角形に飛び出している例があります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史