TOP >> 育児 ストレスで難聴になる?

産後ママの悩み解決します

育児 ストレスで難聴になることもありますよ

育児 ストレスで難聴になってしまうことがあります。

耳鳴りがしたり、耳づまりがあったり、

聞こえにくかったりするのが症状です。

 

 

音が耳の中で反響するような感じも、

育児 ストレス 難聴の解く超となります。

こうした症状で、耳鼻科に行って、

育児 ストレスによる突発性難聴であると

診断されるケースも少なくありません。

 

 

突発性のものだと、発症してから2週間以内に

治療を開始しないと治らないとされます。

ですから、異常を発見したら、

早めに処置をすることをおすすめします。 

 

 

 

育児 ストレス 難聴の治療には、服薬治療があります。

耳の聞こえが心配になったら、早めに医療機関を受診し、

服薬治療を開始する必要があります。

放置していると、耳が聞こえなくなってしまうおそれがあります。 

 

 

 

一度、突発性で発症してしまうと、くせになってしまいやすくなります。

心に負担がかかると、また発症してしまいやすくなります。

子育てのつらさは、かなり長期間続くものです。

だから、出産後に早い時期にかかってしまったら、

そのあともしばらく負荷がかかるので、

再発してしまわないように注意する必要があります。 

 

 

 

症状がでたら、耳栓をすると良いとされています。

あまり音を聞いてしまうと、

症状が悪化してしまうおそれがあります。

なるべく、耳に刺激を与えないようにして、

安静な状態、静かな状態を保つことが大切となります。

妊娠中は、飲める薬も限られるので、

耳鼻科と相談しながら治療をすすめましょう。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史