TOP >> rsウィルスは夏にも流行する?

産後ママの悩み解決します

rsウィルスって夏は、どうなの?

rsウィルスは夏に流行した病気です。

2011年のことでした。

しかしrsウィルスは夏だけ

感染するわけではありません。 

 

 

 

通常、同ウイルスの感染症は、

11月ごろから急激に増加します。

もっとも感染者数が多くのあるのは

12月から1月ごろとなります。

 

 

 

しかし、2011年の流行は違っていて、

夏の検出数が8月92例、9月が99例ありました。

11月や12月だと、2012年の1月の統計では、

11月69例、12月31例となり、

暑い時期に流行した、というのが特異的です。

 

 

この検出は、感染症発生動向調査の

一環として、調査されました。

定期医療機関で採取されなかった、

呼吸器系疾患漢字の咽頭ぬぐい液のうち、

アデノウイルスなどが分離されなかったものを、

保健環境研究センターが調査しました。 

 

なぜ暑い時期に感染が増えたのか。

その調査を居sるために、典型例と臨床所見が対比されました。

また、感染症と気象との関連性についても、考察されました。 

 

それによると、発生が多いのは

保育所内ということがわかりました。

例えば、11例のうち7例が、同じ保育所での感染でした。

園内で生活することによる接触感染と疑われています。 

 

そして、冬の感染症との対比では、

冬群は呼吸管理を必要とした子供はいませんでしたが、

酸素投与が必要な重症例は3例、けいれんがあったのが2例という結果となりました。

年齢については、暑い時期と寒い時期で有意差はありませんでした。 

 

インフルエンザと同ウイルスは、性質が異なります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史