TOP >> 出産後の腰痛 寝方教えます

産後ママの悩み解決します

出産後の腰痛 寝方を教えます

出産後 腰痛は寝方を工夫することで痛みを軽減しやすくなります。

多くの女性が、出産後 腰痛を感じるものですが寝方を変えるだけでかなり違います。

そもそも、お産間近の女性に痛みが生まれるのは、骨盤のゆるみによるものです。

そして、お産が終わると、元に戻ろうとします。

 

 

 

しかし、骨盤がゆるくなっているときに腰をひねってしまったり、ムリな姿勢を取り続けたりしてしまうと、骨盤にゆがみが生じてしまいます。

これが痛みのもとになるのです。 お産のあとに痛みが出てしまう要因はまだあります。

抱っこや授乳をしたりするとき、腰に負担がかかるものです。

そしてこれが、悪化を招くのです。 

 

 

 

痛みがあるときは、横向きに寝るようにすると、かなり楽になります。

仰向けにねてしまうと、痛い部分に圧迫がかかってしまいます。

それが痛みにつながります。

 

 

 

どうしても仰向けで寝たいときは、ひざの下にクッションを置き、ひざが少し曲がるように調整して寝るようにしましょう。

このような寝方をすると、かなり楽に寝ることができます。 

 

 

 

 

しかし、できれば横向きで寝たいものです。

やっぱり、最初から圧力をかからない状態が一番だからです。

圧力をかけてしまうと、その部分の血流が滞ってしまいます。

痛みがあるのは、血流が阻害されているからですが、その部分を下にして寝てしまうと、さらに圧力がかかり、流れにくくなってしまいます。

横向きになって、痛い部分を上にすることで、血液の流れを、阻害しにくい状態にできます。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史