TOP >> 新生児が寝ない 原因を教えます

産後ママの悩み解決します

新生児が寝ない 原因を教えます

新生児 寝ない 原因は、いくつかが考えられます。

まず最初に考えられるのは、ミルクの量が足りていない、ということです。

4か月を過ぎたころになると、ミルクを飲む量がとてお増えます。

 

 

なので、今までの量だけでは、足りなくなってしまっているおそれがあります。

体重を測ってみたりして、順調に増えいてるのか、調べると良いですね。

泣いたら授乳させる、というのを習慣にしてしまうと、

ちょこちょこと飲んで、すぐ泣く、という繰り返しをしてしまうことがあります。

 

 

 

5か月を過ぎたら、泣いてもすぐに与えるのではなく、

他の方法を試してみるようにしましょう。

お散歩に行ったりして、気を紛らわせ、

少しずつ間隔をあけていくと良いですね。 

 

 

 

それとは別に、生活リズムが定まっていないから、

新生児 寝ない 原因をつくってしまっているおそれもあります。

規則正しく生活すれば、眠りも規則正しくなります。

 

 

 

だから、朝は7時ごろに起こし、夕方5時以降はお昼寝をさせないようにする、

というふうに、なるべくお昼に活動して夜近くなったら寝る準備をする、

というようにやっていくと良いでしょう。

これを毎日続けることが重要です。

同じような毎日が続くようにすれば、夜に眠くなるよう、リズムがついてきます。 

 

 

 

体調が悪くて泣いていることもあります。

あせもやかゆみで、かゆくなり、それを訴えているという可能性もあります。

赤ちゃんの知らないお肌の不調を知るためにも、お風呂上りに全身をチェックしておきたいです。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史