TOP >> 新生児の寝相で悩んでいませんか?

産後ママの悩み解決します

新生児 寝相で悩んでいませんか?

新生児 寝相は、かなり激しいものです。

大人からは考えられないようなかっこうで、寝ていることがあります。 

 

 

 

新生児 寝相では、寝返りの多さとの関係性が深いです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、1時間に20回程度、

1歳くらいの幼児で10回程度、寝返りをうちます。

こうしたことから、起きてみると180度回転している、

ということが起こりやすくなるのです。 

 

 

 

眠りの性質も、新生児 寝相に関係します。

こどもは大人に比べて、レム睡眠の時間が長くなります。

赤ちゃんは脳の活動が活発なため、

レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが頻繁に切り替わります。

たとえば、大人なら、レム睡眠は全睡眠の20%程度です。

しかし赤ちゃんは、全睡眠の50%を占めています。

だから、睡眠時でも姿勢が変わりやすくなる、というわけです。 

 

 

 

 

親としては、あまりにダイナミックな姿勢で寝ていると、

「直さないといけないのでは」と心配になります。

しかし、寝相が悪いということは、熟睡していることのしるしです。

つまり、じぶんの姿勢をコントロールする脳の運動や、

頭頂連合野、小脳のはたらきもお休みしているのです。

ぐっすり眠っているからこその現象なのであまり神経質になる必要はありません。

 

 

 

赤ちゃんに多い寝返りによる、姿勢の移動ですが、

これには神経や筋肉の疲れを解く、といういやし効果があります。

寝ている間に、体のゆがみを直し、

疲れをとるのに役立っている、というわけです。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史