TOP >> rsウィルスの妊婦への影響

産後ママの悩み解決します

rsウィルスが妊婦さんに対して影響あるのか?

rsウィルスの妊婦への影響が指摘されています。

しかし、rsウィルスの妊婦への影響について、

きちんと把握している当事者は少ない、とされます。 

 

トキソプラズマ症や風疹、単純ヘルペスなどと違い、

たとえ感染しても、胎児に影響が出ることはありません。

大人への感染による症状も軽いです。

しかし、体力が落ちている時期でもあるので、

いつもよりも注意するべきだとは言えます。

 

薬の服用については、慎重になりがちな時期となります。

しかし、きちんと、赤ちゃんがお腹にいることを医師に伝え、

そのうえで医療機関から薬を処方してもらえば、

服用してもまったく問題はありません。 

 

どうしても薬には頼りたくない、というときは、

のどの痛みをやわらげるトローチや、ビタミンのサプリメントで栄養補給しましょう。

さらにゆっくり休養をとって、体を回復させるようにしましょう。 

 

出産後の新生児に対しては、

感染させてしまうおそれがあるので注意が必要です。

授乳した時に、それがもとになって、感染してしまうことがあるのです。

感染しているときは、出産までに、

完治させるようにしましょう。 

 

 

大人は免疫を持っているので、発生してもほとんどは

軽い風邪のような症状が出るだけです。

しかし、感染した子供と接する機会が多い医療従事者、

感染した子供の家族などは、症状が重くなりがちだということが分かっています。

症状が重くなると、38度以上の熱が5日程度続くこともあるので、注意が必要です。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史