TOP >> 新生児の抜け毛が心配?

産後ママの悩み解決します

新生児の抜け毛を心配していませんか?

新生児 抜け毛は心配になるものです。

抜け毛がひどくなると、シーツに毛がいっぱいつくようになります。

また、後頭部の毛が抜け落ちてしまい、つるつるになってしまうこともあります。

このまま毛が生えなかったらどうしよう、とママは心配になってしまいます。 

 

 

 

しかし、新生児 抜け毛で心配はありません。

赤ちゃんの毛髪は、遅くても生後6か月までには生え変わります。

この生え変わりのとき、一部の赤ちゃんは、前頭部から頭頂部にかけて、

毛髪の大部分がいっせいに休止期に入ります。

 

 

たくさんのケアg抜けて、髪の毛が非常にうすくなってしまうのです。

これを「新生児生理的脱毛」といいます。

しかし、待っていれば新しい毛は生えてきます。

心配することはないのです。 

 

 

 

もうひとつ、心配になりがちなケースとして、頭の枕にあたる部分の、

後頭部の毛が少なくなってしまう、という例が挙げられます。

この新生児 抜け毛は、枕とすれる部分の髪の毛が、機械的な刺激により、

こすり取られることにより、引き起こされます。

生後2~6か月くらいの乳児によくみられます。

これも心配がなく、しばらくすると自然に生えてきて、目立たなくなります。 

 

 

 

頭の脂漏性湿疹により、抜け毛が起こることもあります。

しかし、赤ちゃんの脂漏性湿疹は、

生後3~4か月ごろまでには自然になおるものです。

それに従い、元通りになっていきます。 

 

 

 

こうした要因とは別に、最初から非常に薄いという場合もあります。

しかし、こうしたケースでも、だいたい1歳ころには、ふつうの状態になります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史