TOP >> 夜泣き 対策には、音楽も効果あり

産後ママの悩み解決します

夜泣き 対策には音楽も効果あり

夜泣き 対策 音楽を使う、という方法もあります。

たとえば、心音ぬいぐるみを使って、夜泣き 対策 音楽としての対応をします。

心音ぬいぐるみから出る音には、ヒーリングサウンドもあります。

ヒーリングサウンドが何種類か内蔵されています。

 

 

その中で、自分が一番いやされそうな音を使い、

赤ちゃんに聞かせると良いでしょう。 

 

 

心音ぬいぐるみは、もともとは心音を聞かせるためのものでした。

赤ちゃんの間近に置いておけば、リラックスさせられます。

それが安眠へと導くことにもなります。

 

 

心音を聴くと赤ちゃんが泣き止む、というのは、

本能的な反射行動を参考にしたやり方と言えます。

だから、新生児~生後3か月後くらいまでの赤ちゃんに、

もっとも効果があると言えるでしょう。 

 

 

 

そのほかの対策として、おしゃぶりを使う、という方法もあります。

泣いて泣いて、泣き止まないときは、とりあえずおしゃぶりを与えてみましょう。

口の中のものを、赤ちゃんは強く吸う、という習性があります。

おしゃぶりを口に入れれば、自然とそれを吸い始めます。

 

 

すぐに泣き声を止めたい、というときに、おしゃぶりがあると、便利です。

お出かけをするときも、持ち歩いたほうが良いですね。 

 

 

もう少し大きくなったら、ヒーリングサウンドや心音よりも、

幼児向けの音楽のほうが喜ぶようになります。

歌を一緒に歌ったりして、つらい夜ですが、

つかの間、一緒に楽しむことができるものです。

ママもレパートリーを増やしておきましょう。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史