TOP >> rsウィルスでの大人 症状は?

産後ママの悩み解決します

rsウィルスでの大人の症状は、どう?

rsウィルスによる大人の症状で注意すべきは、咳です。

rsウィルスに感染した大人の症状のうち、

主要は、咳がつらくなりがちです。 

 

感染症は、マイコプラズマ肺炎と同じく、

冬に増える代表的な急性呼吸器感染症となります。

この感染症は、世界中に分布しているものが発生源となります。

2歳までに、ほぼ100%の子供が感染すると言われています。

初めて感染した時は重症化しやすいです。

細気管支炎や肺炎を引き起こすこともあります。 

 

 

 

冬に毎年流行するという位置づけでしたが、

2011年以降は他の季節でも感染が広がっています。

成人が感染したとしても、すでに免疫を持っているので、

発症しても軽い風邪のような症状が出るだけとなります。

しかし、ひとつ注意するべきことがあります。

 

 

感染した子供と接することが多い家族などは、重症化してしまうおそれがあるのです。

その場合、気管支炎や肺炎を引き起こしてしまう例が報告されています。

重症化してしまうと、38度以上の熱が5日間ほど続くこともあります。 

 

高齢者が感染した場合、急性下気道炎を

引き起こしてしまうこともあると報告されています。 

 

このように、とても身近な感染症であるにもかかわらず、

認知度はそれほどたかくありません。

妊婦を対象にした調査では、実に70%以上が、

その感染症について、存在を知らなかった、

という結果が出ました。

 

2歳未満の乳幼児を持つ両親への調査でも、

60%以上が「知らない」と答えているという結果になりました。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史