TOP >> 新生児 黄疸が心配です

産後ママの悩み解決します

新生児の黄疸で悩んでいませんか?

新生児 黄疸はどんな赤ちゃんでも、

なる可能性があるので、注意が必要です。

 

生まれてすぐのときは、生理的に「多血」という状態にあります。

これは、赤血球の寿命が短く、赤血球がこわれて、

ビリルビンという物質が大量につくられています。

生まれたばかりの赤ちゃんは、この物質を処理する力が弱いです。

だから、ほぼ必ず、新生児 黄疸があらわれます。 

 

 

 

生理的なものなら、生後2~3日出て、

1週間~10日間で、ほぼスタンダードな肌色になっていきます。

母乳により、なることがあります。

完全母乳の場合、3週間~1か月近く長く続く、ということもあるでしょう。

あまりにも長いようなら、ミルクを足してみましょう。

早く引きやすくなります。

しかしこのような処置は、主治医と相談しながらすすめるのが賢明です。 

 

 

 

どうして母乳の場合は出やすいのかというと、

母乳が血液からつくられるためです。

ミルクを上げる以外に、赤ちゃんを寝かせておく所を、

窓越しの明るいところに移動させたり、

ベランダ越しに外気浴をさせる、という方法もあります。

外気浴により、早く黄色味がひいてきます。

 

 

外気浴させるときは、足元のほうから、

少しずつ薄着にして、光線を当てていきます。

しかし、夏場は直射日光が強いです。

そのまま無防備に浴びさせるのはいけないので、

カーテン越しに日光浴させてもいいでしょう。 

 

ビリルビンの値は、入院中から数値が計測されて、

状態を確認されています。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史