TOP >> 赤ちゃんポストとは?

産後ママの悩み解決します

正式名称「こうのとりのゆりかご」 赤ちゃんポストについて

赤ちゃんポストとは、

熊本県のアル病院が設置したものです。

いろいろな事情により、育てることのできない赤ちゃんを、

匿名であずけることができます。

2013年には、赤ちゃんポストを取り上げたドラマが放送されました。

「明日ママがいない」というドラマです。

 

このドラマが放送するやいなや、放送元である、

テレビ局に対し、苦情の申し立てが病院からありました。

以来、スポンサーが一斉にCM放送を自粛することを決定し、

最終回までCMが再開されることはありませんでした。

それだけ、社会的反響が大きかったということなのでしょう。 

 

赤ちゃんポストっは、正式名称「こうのとりのゆりかご」と言います。

設置する当初から、議論が真っ二つに割れていました。

設置の目的は、望まれない赤ちゃんを、殺害と中絶から守ること、です。

しかし、捨て子を容認することにならないか、というのが、反対派の意見です。

賛成派は、こういう設備がなくても、捨て子はいる。

ならば、赤ちゃんを早急、安全に保護すべきだ、という主張です。 

 

現状はどうなっているのでしょうか。

赤ちゃんの命を守る、という意味で、

素晴らしい意義がある設備ではありますが、

不適切な利用をする人がいるのも事実です。

たとえば、未成年後見人が、

幼児を預けた直後に相続財産を着服していたケースがありました。

また、世間体が悪いとか戸籍に入れたくない、という理由で預けた人もいました。

中には、留学するから育てられない、

と預けたケースもあります。

色々考えさせられますね。

 

>>>産後の悩み解消TOPページに戻る

 

 

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史