TOP >> rsウィルス 赤ちゃんの症状とは?

産後ママの悩み解決します

rsウィルスに感染した 赤ちゃんの症状とは

rsウィルスは赤ちゃんがかかると

症状が重くなりがちなので注意が必要です。

rsウィルスは6か月以内の赤ちゃんで

症状が重症化するリスクが高くなります。

場合の寄っては入院が必要になることもあります。 

 

一般的には、ありふれた存在ではあります。

感染症は12月から1月にピークとなります。

この感染症は、珍しい病気ではなく、

2歳までにはほぼ100%が一度は感染すると言われています。

そのなかで、特にじゅうぶんな注意が必要とされるのは、

重症化することによる、肺炎などの危険性です。

 

 

月齢が小さいほど、危険度は大きくなります。

また、肺や心臓などに基礎疾患がある場合も、

重症化しやすくなります。 

 

 

 

その症状は、かぜに似ています。

軽い症状なら、1週間ほどで症状は快方に向かいます。

しかし、せきがひどく続いたり、

呼吸するときにぜーぜーと音がしたりすることがあります。

このようなときは、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。 

 

 

 

おたふくかぜなどは、一度かかると抗体ができて、再びかからなくなります。

しかし、この疾患の場合は、何度でも再感染するというところに違いがあります。

一般的には年齢が上になればなるほど、症状は軽くなります。

年長さん以上になると、重症化することはほとんどありません。

大人がかかっても、風邪と同じような症状なので、

油断してしまい、うっかり乳幼児に移してしまうおそれがあるので、

それが注意すべきポイントとなります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史