TOP >> rsウィルスは、再発するのか?

産後ママの悩み解決します

rsウィルスって再発するのでしょうか?そこのところ教えます

rsウィルスによる感染症は

再発しやすいことで知られています。

入院や気管支炎挿管となる危険性もあります。

rsウィルスの感染を防いで再発のリスクを最小化しましょう。 

 

 

乳幼児に代表的な呼吸器感染症となります。

毎年冬のシーズンに流行します。

乳児の半数以上が1歳までに感染します。

2歳までにはほぼ100%が感染します。

そして、その後も一生、再感染を何度もしてしまうものです。

飛まつ感染により、気道から侵入します。 

 

 

 

感染すると2~5日の潜伏期のうち、鼻汁、

せき、発熱などの上気道症状が引き起こされます。

このあと、3割くらいが下気道に炎症が拡大します。

そうなると、気管支炎や細気管支炎を発症します。

 

 

 

この症状として、せきがひどくなる、

呼吸性の喘鳴(ぜんめい)、他呼吸などが引き起こされます。

無気肺が起こってしまうと、重症化してしまいます。

入院措置が必要となります。

胸のレントゲンで確認しつつ、病状をコントロールしていきます。

心肺に基礎疾患がある小児の場合、重症化しやすいです。 

 

 

 

発症しても、通常は数日~1週間で

症状が快方に向かいます。

喘息性気管支炎、感染症気管支ぜんそくの症状が出てしまうと、

がんこな無呼吸を起こすことがあります。

新生児も感染、発症する可能性があります。

細気管支炎にかかると、長期間、

喘鳴や喘息のような症状を繰り返しやすくなります。 

 

 

 

検査は鼻汁を使った抗体検出キットを使います。

3歳未満の入院時のみが、検査の適応となります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史