TOP >> 産後の肌荒れとスキンケアについて

産後ママの悩み解決します

産後の肌荒れとスキンケアの必要性について

産後の肌荒れには、

きちんとしたスキンケアが求められます。

産後の肌荒れは、肝機能の低下が背景にあります。

妊娠すると、女性ホルモン「エストロゲン」が急激に増加します。

これが代謝を下げ、肝臓の機能を抑制してしまうのです。

 

 

また、この時期は代謝が良くなり、汗をよくかくので、

それが肌への刺激となり、肌トラブルも起こしやすくなります。

肌がデリケートになる時期でもあります。

普段はなんともなかった石けんやシャンプーに含まれる合成物質に、

刺激を受けることがあります。

なるべくお肌に刺激の少ないものを選びましょう。 

 

 

 

この時期は肌がとてもデリケートな状態です。

ですから、産後の肌荒れ対策のスキンケアも、

なるべく洗顔料や石けんを使わずに行いたいものです。

そんなときに、役に立つのが入浴です。

 

 

 

お風呂に30~34度のぬるめのお湯をはり、

つかってから徐々に温度を上げていきます。

上限は38~39度です。このようにして入っていると、

毛穴の中に詰まった老廃物が、しっかり抜けていきます。

湯船の中に老廃物が溶け出すので、石鹸を使ったボディケアは必要なくなります。

使うときには十分に泡立ててから洗い、よくすすぐようにしましょう。 

 

 

 

市販されている基礎化粧品は、

デリケートになっている肌には刺激が強すぎることがあります。

ですから、なるべく刺激の少ないものを選びましょう。

子供への影響もあるので、

専門医と相談しながら、考えていくのが良いです。

また、ふだんから刺激の少ない、

ゆったりとした服を着るようにしましょう。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史