TOP >> 産褥入院とは

産後ママの悩み解決します

産褥入院とは どういう意味? 

産褥入院とは、お産をした施設で入院する期間に加え、

さらに産後のケアをしてくれるところで入院しながら、

体を回復させていくというケア方法のことを言います。 

 

 

産後をおだやかに過ごすことが、母子の健康に役立ちます。

夫や両親など家族が、産後3週間はサポートしてくれることが望ましいです。

しかし、サポートできる家族が夫だけで、その夫も残業や出張が多い、

というときは、産後3週間をゆっくり過ごすことが難しくなります。

 

 

また、両親がいても、高齢で体調が悪い、

というときも、産後のお手伝いは期待できません。

そういう時は、自宅に産褥シッターを呼ぶ、という方法もあります。

民間や地域で、そのようなサービスが提供されているのなら、

そういう方法も選択肢に入れておくと良いでしょう。 

 

 

 

産褥入院とは、それらとは別の選択肢となる産後ケア方法です。

出産時はもちろん、産後もおなじ施設でゆっくりと過ごすことができれば、

母子はより健康に過ごし、赤ちゃんの育児も楽しめそうです。 

 

 

 

助産院の中には、このスタイルのサービスを提供しているところもあります。

そこでは、助産師の産後ケアや母乳指導を受けながら、

赤ちゃんとの生活の最初の時期を、ゆっくりと過ごすことができるというもの。

これは、インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」の考え方を参考にしているところもあります。

そのような考え方では、産後の体調に配慮した食事や、

産後の体を休ませて回復させるためのオイルマッサージなども受けられて、リラックス度が高いです。

 

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史