TOP >> 赤ちゃんが成長しない 病気とは?

産後ママの悩み解決します

赤ちゃんが 成長しない 病気ってどういう事?

赤ちゃんのまま成長しない病気があります。

赤ちゃんが成長しない病気は、甲状腺ホルモンの異常によるものと考えられます。

たとえば、生後9か月の段階で発症、それ以来30歳を過ぎてもそれ以上の発育がなくなります。

歩くこともできない月齢のまま、成長が止まってしまうということになります。

言葉をおぼえるのは1~2歳くらいからとなります。

9か月で発達が止まってしまった場合は、言葉を発することもできなくなります。 

 

 

 

このような、赤ちゃんが成長しない

病気のことを甲状腺ホルモン欠乏症と言います。

甲状腺機能低下症とも呼ばれます。

甲状腺関係の疾患には、いろいろなものがあります。

しかしその中でも、甲状腺ホルモン欠乏症は珍しいです。

 

 

なんらかの原因により、体内の甲状腺ホルモンが正常に分泌されなくなり、

発育が十分に進んでいかなくなります。

この疾患は、先天性のものと、後天性のものがあります。

治療法は存在します。

 

 

 

その治療法とは、不足している甲状腺ホルモンを

投与する、というものです。

この治療法を数年続け、患者が5歳前後になった時短で、

その後の治療方針が決まってきます。

 

 

発見と治療の開始が早ければ、その後、

通常の人と同じように発達していくことができます。

しかし発見が遅れてしまうと、発達するのが難しくなってしまいます。

幼少時にきちんと発見し、適切な治療を受けているかどうかが、その後の発達を大きく決定づけてしまいます。

定期健診などで、きちんとチェックしていくことが大切です。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史