TOP >> 新生児を蚊から守るためにやるべきこと

産後ママの悩み解決します

新生児を蚊から守るためにヤルべきことを教えます

新生児を蚊から守るためには、おうちの中と外で、

しっかり守って、事前にトラブルを回避してげることが大切です。

新生児が蚊に刺されてからかゆみ止めを塗るのではなく、

その習性を利用し、事前に回避できるようにしましょう。 

 

 

 

お部屋の中では、窓を開けるとき、網戸を閉める、ということが挙げられます。

網戸の外側に止まっていることもあります。

なので、開閉時は軽く網戸をたたいてから、開けるようにしましょう。

外からの侵入を防ぐために、空間用の虫除けをすることも大切です。

ベランダや玄関は、開閉時に侵入しやすくなります。

物干しざおに干したり玄関に置いて、入ってくるのを防ぐために、

空間タイプの虫除けを使うのも良いでしょう。 

 

 

 

 

寝かせるときは、赤ちゃん用の蚊帳を利用しましょう。

おうちは広いので、網戸だけでは防ぎきれないこともあります。

しらぬ間に侵入してしまい、刺されてしまわないように、蚊帳でガードしておきましょう。

輸入品のベビーベッドでは、蚊帳付のものもあります。 

 

 

 

 

煙が気になるのなら、電子蚊取り器を利用するのもひとつの方法です。

お庭にあるおうちなどは、近寄られやすくなってしまうので、

こうしたグッズを利用して、遠ざけるようにしたいです。 

 

 

 

 

線香タイプのものを使うときは、部屋にけむりがこもらないように工夫したいです。

赤ちゃんに直接煙がかからない場所に置きます。窓辺に置くのがおすすめです。

火を使うので、必ず赤ちゃんの手が届かないところに置くようにしましょう。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史