TOP >> 新生児の湿疹で悩んでいませんか?

産後ママの悩み解決します

新生児の湿疹で凄く悩んでるのでは ありませんか?

新生児 湿疹は、赤ちゃんの顔や体にできるものです。

かさかさするものもあるし、べたべたするものもあります。

じゅくじゅくになってしまうこともあります。

これらを全部ひっくるめて、新生児 湿疹と言います。

低月齢のころは、脂分の分泌が多い部分に脂漏性のものができます。

これが2~3か月ごろになると、かさかさした乾燥性のものも増えていきます。

お肌はとてもデリケートなので、ガーゼなどでごしごしふいてしまうと、口の周りがかさついて赤くなってしまうかもしれません。

なるべく、やさしく拭くようにしましょう。 

 

 

 

低月齢のころの状態が、アトピー性皮膚炎に移行してしまうのではないか、

と心配するママも多いでしょう。

しかしこれについては、少し様子をみないとなんとも言えません。 

 

 

 

新生児 湿疹は、せっけんの泡でやさしく洗うようにしましょう。

赤ちゃんはとても、汗をかきやすいです。

しかも、低月齢のころは、皮脂分泌も多いです。

だから、お風呂では石鹸を使って洗うようにしましょう。

石鹸の泡で、汚れを包み込むようにして、丁寧に洗い上げます。

 

 

 

赤ちゃんの顔に石鹸をつけるのは、勇気がいるものです。

水をばしゃんとかけるのではなく、タオルに石鹸を含ませてつけ、

それから別のお湯をふくませたタオルでふき取る、というやり方でも大丈夫です。

ふき取るときは、石鹸分が残らないようにしましょう。

お風呂で顔を洗う以外にも、汗はこまめにふきとっておきましょう。

ガーゼやタオルなどで、やさしくふき取ります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史