TOP >> 赤ちゃんがよくなる 病気 湿疹について

産後ママの悩み解決します

赤ちゃんが 湿疹になったとき どうすればよいか?

赤ちゃん 病気でよくあるのが湿疹です。

赤ちゃん 病気としての湿疹は、乳児湿疹と脂漏性皮膚炎があります。 

 

 

 

乳児湿疹は、顔が赤くなり、丘疹、小水ほう、膿ほう(うみのような水ほう)ができたりします。

いろいろな皮膚変化の出方があります。共通する状態としては、じくじくと湿った感じがするということです。出

るときは、頬から最初に出ます。そして、顔面や額に広がります。

顔だけではなく、手足など全身に広がることもあります。 

 

 

かゆみがあるので、かこうとして顔に傷をつくりやすいです。

こうなると、びらんや感染症など別の疾患を引き起こしてしまうおそれがあります。

ミトンを付けるなどして、症状の悪化を防ぎましょう。

生後2~3か月から2歳ごろまで続くことがあります。

アトピー性皮膚炎と混同されやすいです。 

 

 

 

脂漏性皮膚炎は、生後1~4か月ごろに出やすいです。

頭部に症状が出ます。

前頭部から頭頂部まで、黄色がかったうろこ状の皮膚炎が出ます。

乾いた感じで、だんだんと症状が広がっていきます。かゆみはそれほどありません。 

 

 

 

新生児の場合、皮脂腺が活発に働いています。

皮膚の分泌が多いため、脂漏性となるのです。

生後4か月ごろになると、症状は改善していきます。

この時期は、かさぶたのようになった皮膚のかすを適宜洗い流してあげるようにしましょう。

ワセリンなどをやや厚く塗り、柔らかくしてからオリーブ油でしめらせ、入浴で洗い流します。

石鹸で洗い流すのも効果的です。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史