TOP >> 赤ちゃんの 体重が少ないのは、病気でしょうか?

産後ママの悩み解決します

赤ちゃんの体重 少ないのは、病気じゃないか?と心配している方へ

赤ちゃん 体重 少ないと病気が心配になってきます。

たとえば、生後11か月で、生後6~7か月検診の時点で、

体重が5600gで、身長が60㎝というような状態だと、

基準を下回っているということになります。

 

 

11か月に近いころに体重が6300g、身長68㎝というような大きさでも

、基準を下回ります。

カウプ指数を計算しても、かなりのやせ気味に分類されます。

この期間、乳幼児の身長はよく伸びます。

それにもかかわらず、小柄なまま伸びが少ないというのは心配です。 

 

 

なかなか増えない要因として、まず疑われるのは栄養不足です。

母乳の乳児の場合は、栄養の内容について測定するのが難しいです。

しかし、授乳前後の体重を計測すると、おおよその母乳の量は分かります。

 

 

このような方法で、何度か測定してみることで、どれくらい栄養を摂取できているのかがわかります。

離乳食が始まっているのなら、よく食べていて、通常に排便しているようなら、不足は考えにくいです。

気になるようなら、1週間の食べたものをノートに記載しておいて、栄養士などに相談してみると良いでしょう。

食べたものから、1日の摂取カロリーを計算してみることでも、摂取した栄養の量を調べることができます。 

 

 

 

母乳を好む胎児の場合、離乳食が進みにくく、それに従い、

グラムも増加していかない、ということが言えます。 

運動量が極端に多いため、栄養を摂取しても使い果たしてしまい、

成長のほうにまわらない、といったことも考えられます。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史