TOP >> 新生児 体重増加の事で悩んでいませんか?

産後ママの悩み解決します

新生児の体重増加で毎日悩んでいませんか?

新生児 体重増加が順調であれば、

おっぱいも足りていて、すくすくと育っているということになります。 

ちなみに、赤ちゃんは生まれてからいったん、体重が減ります。

これを生理的体重減少と言います。

 

 

 

その後、新生児 体重増加に移行します。

3か月で、出生時の3倍、1年で3倍にも増えるのです。

しかし、どのくらい増えるかは、個人差もかなり影響しています。

 

 

 

目安ほどには増えていなくても、機嫌よくすごしていて、

おしっこも1日6回以上出ているような問題ありません。

運動機能の発達が月齢なみで、頭位も身長も、

体重曲線に沿って上昇しているようなら、心配はないのです。 

 

 

 

赤ちゃんは、ウイルス性胃腸炎など、病気にかかるとすぐに体重が減ってしまいます。

風邪を引いた月は、新生児 体重増加がないこともあります。

しかし、長い目で見て、増えているようなら問題はありません。 

 

 

 

体重が気になるからと言って、毎日毎日、図る必要はありません。

最低でも、1週間に1回くらいの頻度でオーケーです。 

 

 

 

身長曲線から体重の目安を知りたいときは、足の屈曲も考慮に入れるようにしましょう。

赤ちゃんの足は、屈曲しています。

だから、測定者によって、その身長は誤差が出るのです。

だから、1か月検診のときは、身長が減ってしまっていることもあります。

だから、体重と同じく身長も、3~4か月の単位で考えると良いでしょう。 

 

 

 

生まれたばかりの時は、退院したころから計算し、

18~30gほど増えていれば問題ありません。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史