TOP >> 夏は、赤ちゃんの手足口病に注意!

産後ママの悩み解決します

夏の赤ちゃんは、手足口病に注意して!

赤ちゃん 病気のうち手足口病は夏に起こりやすいです。

突然高熱が出て、発疹が大量に出るという特徴があります。

 

 

赤ちゃんの病気である手足口病は、その名の通り手や足、

口に水疱ができるという疾患です。

おしりにもできます。原因はコクサッキーA16型、

エンテロ71型をはじめとするエンテロウイルス属です。

生後6か月~4歳、5歳くらいに多い疾患です。

夏に流行するという特徴があります。 

 

 

 

感染経路としては、

うんちや唾液などのを媒介とすることが多いです。

飛まつ感染により感染し、感染力が強いので、

一度かかっても、また感染してしまうこともあります。 

 

 

症状としては、手のひらや足の裏、

口の中に小さな水疱ができます。

ひざやお尻にもできることがあります。

口の中にできた水疱は、主に口の前半分にできます。

 

 

手足の水疱や、痛みやかゆみが起こることが多いです。

それに合わせて、37~38度くらいの熱が、4日程度継続します。

しかし一方で、発熱症状は一切出ないこともあります。 

 

 

発症した場合、対症療法が主な治療法となります。

特効薬はありません。

エンテロウイルスは潜伏期が長いです。

しかも、症状が出る前や、出た後も、強い感染力を維持します。

このため、まわりの人に移してしまいやすくなります。

移さないようにするのは非常に困難です。

 

 

保育園や幼稚園でひとりが発症すると、

集団感染になりやすいです。 

症状が出ている間は、水や離乳食を受け付けなくなることがあるので、

なるべく口内を刺激しないものをあげるようにしましょう。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史