TOP >> 新生児の低血糖について教えます

産後ママの悩み解決します

新生児の低血糖が起こる理由は?

新生児 低血糖は、生理的に低いという特徴がありあす。

在胎週数や生後日数、出生体重によっても、変わってきますが、

だいたいの目安は以下の通りです生後72時間にないなら、

低出生体重児で20mg/dl以下、成熟児で30mg/dl以下となります。

生後72時間以降なら、体重に関係なく40mg/dl以下が当てはまります。 

 

 

 

新生児 低血糖が起こりやすい理由として、

胎盤からの糖の供給が遮断されたことが挙げられます。

子宮内では、さい帯を通して、グルコースがいつも供給されます。

 

 

しかし出生と同時に、その供給は遮断されてしまうため、

新生児 低血糖を起こしてしまいます。

一般的に、生後数時間~数日は、血統を維持するために、

じゅうぶんなミルクを飲むことができません。

 

 

しかし満期で生まれた赤ちゃんは、

肝臓や筋肉にグリコーゲンをおおく貯蔵しています。

だからすぐに低血糖になることはありません。

 

 

糖の残留量が減り始めると、糖新生により、

アミノ酸から糖が産生されるようになります。

しかし早期に生まれた赤ちゃん、子宮内発育遅延のある赤ちゃんの場合

、グリコーゲンの貯留量が少ないです。

だから、グリコーゲンが枯渇して、糖新生できずに、

低血糖に陥ってしまいがちとなるのです。 

 

 

 

新生児 低血糖の要因としては、胎児の高インシュリン血症、

血中ブドウ糖が大量に消費されたとき、肝グリコーゲン分解(糖新生)が

著しく阻害されたとき、初期おう吐や完全母乳で

カロリー不足に陥っている場合などが考えられます。

 

 

 

 

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史