TOP >> 新生児の爪の切り方教えます

産後ママの悩み解決します

新生児の爪切りの仕方を教えます

新生児 爪切りでは、手の爪のとき、頭のほうから切るようにしましょう。

赤ちゃんと向かい合う大勢だと、切りにくくなります。

そのため、反対側にまわって、赤ちゃんを逆さから見るような位置で切るようにします。

おすわりがしっかりしてきたら、ママと赤ちゃんが同じ方向に向くように、

おひざに乗せて切ると、やりやすくなります。 

 

 

 

 

新生児 爪切りで、足の爪のときは、手とは逆向きで、

ママが赤ちゃんの足のところに移動します。

顔が向かい合うようにしてやると、切りやすくなります。

足を握るようにして持ち、親指で切る指を下から持ち上げて固定し、

切ると、安全に行うことができます。 

 

 

 

 

切るときは、手の爪は親指と人差し指ではさむようにしましょう。

切る指を、ママの親指と人差し指ではさみます。

一気に切ろうとせず、角を少しずつ、丸く切るようにしましょう。 

 

 

 

 

避けるべきタイミングは、お風呂上りです。

お風呂に入ると、つめが柔らかくなります。

だから、深爪しやすくなってしまいます。

だから、寝ている間に切るようにしましょう。

 

 

 

1回で全部切るのではなく、片手だけやって、

もう片方は翌日にするなどして、分けるのも良いでしょう。

赤ちゃんの状態にあわせながら、臨機応変にやっていきます。

爪切りは、市販されている赤ちゃん用のものがおすすめです。

先が丸くなっているタイプのものです。

先がとがった眉毛切りや、大人用のものは、危ないので絶対に使わないようにしましょう。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史