TOP >> 幼児教育としての運動に関して

産後ママの悩み解決します

幼児教育としての運動について

幼児教育 運動は、小さなころから親しんでおくと、

体を動かすことが上手になる、というメリットがあります。

たとえば、水泳は大人でも、泳げない人が意外と多いものです。

 

 

 

しかし、幼児教育 運動として、水泳を習わせておけば、

難なく泳げるようになってしまうことが多いのです。

私も小さなころに、スイミングに通っていました。

そして、小学校のクラスでは、誰よりも早く泳ぐことができました。

 

 

 

実は、水泳以外のスポーツでは、ことごとくダメダメだったのですが、

小さなころからやっていたスイミングだけは、できるようになっていたのです。

これは、小さなころに、きちんとコーチについて、練習していたか、

練習していなかったかの違いにあるということが言えます。 

 

 

 

 

ほかにも、柔道でオリンピックに出るようなすごい選手は、

プロフィールを見てみると、「2歳のころから柔道を始め・・・」など、

恐ろしく早い時期から、そのスポーツに慣れ親しんでいることが分かります。

早くはじめるとそれだけ潜在能力が引き出される、ということは言えるかもしれません。

実際に、英才教育の一環として、スポーツに取り組んでいる親御さんは多いものです。 

 

 

 

 

スポーツ選手というのは、能力次第でいくらでも稼げるところがあります。

自分の子供にはサラリーマンではない、自分の技能を生かした職業を、

と思っているのなら、これはと思ったスポーツをやらせてみるといいかもしれません。

サッカーでもいいし、野球でもいいですね。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史