TOP >> 幼児教育には右脳開発が大事

産後ママの悩み解決します

幼児教育には右脳開発が大切ですよ

幼児教育 右脳開発が注目されています。

幼児教育 右脳開発がなぜ良いかと言うと、

お子さまの潜在性を高めることができるためです。

 

 

 

人間の脳は、全体のきのうのほんの数パーセントしか使われていない、と言われています。

1か所の部分が損傷を受けても、他の部分がカバーするので、毎日を問題なく過ごせたりするものです。

それは、脳のキャパがそれだけ大きいことの表れといえるでしょう。 

 

 

 

 

天才と呼ばれる人を見ても、脳のことを考えてしみあます。

凡庸な人とは違う部分の脳が働いている、ということが言えそうです。

そして、幼児教育 右脳開発というところに行き着いていくのです。

一般的には左脳は言語や論理をつかさどると言われています。

右脳は、芸術や感覚をつかさどっています。

 

 

 

将棋の名人の脳の動きを調べてみると、

次の手を探しているときは、普通の人よりも右脳のはたらきが活性化します。

これは科学的に証明されています。

このような例から、トレーニングをして、活性化しておくことで、

頭の良い子になりやすい、ということが言えるのです。 

 

 

 

 

脳の活動分野が広がったら、いろいろなことが頭に入ると考えられます。

また、複雑な思考も可能となるでしょう。

そのことが、ゆくゆくはお子さまの受験にも良い影響を与えることができたら、

すばらしいことですね。

しかし、注意しないといけないのは、

よくある教材のセールストークとしてこの言葉が

使われてしまっているというところにあります。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史