TOP >> 新生児の予防接種 注意点

産後ママの悩み解決します

新生児の予防接種で注意しておく点 教えます

新生児 予防接種は、スケジュールを立てて、

もれがないようにしておきたいものです。

1か月検診が終わって一安心したころから、

外出する機会が増え、そのぶん、

こわい感染症やウイルスから守らないといけなくなります。

 

 

 

そのときに、ワクチンが強い味方になります。

新生児 予防接種は、必要なワクチンを、

ベストなタイミングできちんと摂取することが大切となります。

生後2か月になると、定期接種のヒブ、小児用肺炎球菌ワクチン、

任意接種のロタウイルス、B型肝炎ワクチンが受けられるようになります。

 

 

 

スケジュールを考えて打っていく、というと大変そうに思えるかもしれません。

しかし、タイミングがきた頃に、自治体から予防接種のおしらせが届くので、

それに合わせてスケジューリングしていけば大丈夫です。

生後2か月になっても、自治体から通知がなく、

無料接種券もないときには、自治体んい問い合わせてみましょう。 

 

 

 

 

生後2か月には、髄膜炎を予防するヒブワクチン、

小児用肺炎球菌ワクチンを受ける必要があります。

3か月になると、四種混合(DPT-IPV)とロタワクチン、

B型肝炎ワクチンの混合ワクチンがあります。

5種類を同時に摂取してしまうのが、スムーズです。 

 

 

 

ロタワクチンは1価ワクチン(2回接種)、

5価ワクチン(3回接種)があります。

できるだけ、生後146日までに、受けてしまうようにしましょう。

1価ワクチンは生後20週、5価ワクチンは生後24週を過ぎると、

初回接種が受けられなくなってしまいます。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史