TOP >> 新生児の横向きってどう?

産後ママの悩み解決します

新生児の横向きについて悩んでいませんか?

新生児 横向きは、赤ちゃんがリラックスできる姿勢だったりします。

なぜなら、ママのお腹にいるとき、赤ちゃんは頭を下にして、

手足を折り曲げ、横向きかうつぶせに近い姿勢でいるためです。

 

 

 

そのため、生まれた後も、ママのお腹の中にいたときの状態に近づけてあげると、

安心するので、眠ってくれやすくなります。

新生児 横向きは、赤ちゃんのリラックスをもたらすだけではなく、

消化を助けるという効果もあります。

おっぱいのあとに、げっぷがなかなか出なくて、

苦しそうにしているときは、横向きにしてあげると、落ち着くことがあります。 

 

 

 

しかし、新生児 横向きには心配な点もあります。

それは、姿勢による構造上の問題が挙げられます。

たとえば、横に寝ると、片方の腕が下になってしまいます。

この腕が、しびれてしまうことがあります。

また、うまく呼吸がしにくくなるおそれがあります。

さらに、寝返りをして、うつぶせになってしまわないかどうかも、

見てあげないといけません。 

 

 

 

 

手がしびれるということは、あまり起こることはありません。

しかし、横に寝かせるときは、下の手を伸ばしてあげるようにしましょう。 

 

 

 

しかし、うつぶせになってしまうようだと、注意が必要です。

赤ちゃんがうつぶせで寝ていると、新生児突然死症候群の発症率が上がる傾向があります。

だから、横にするのはいいですが、うつぶせにはならないように、見ていてあげるようにしましょう。

寝かしつけるときは横にして、深い眠りに入ったら、仰向けの姿勢に戻してあげるなど工夫しましょう。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史