TOP >> 夜泣き 原因を教えます

産後ママの悩み解決します

夜泣きの原因を詳しく教えちゃいます

夜泣き 原因は、生活リズムがずれていることにあります。

生後すぐのときは、昼夜の区別ができていません。

だから、夜だろうと昼だろうと、好きな時に寝て、起きて、泣きます。

これが生後3か月くらいになってくると、

だんだんと昼夜のリズムができてきます。

 

 

そのときにも、まだ生活リズムを不規則なままにしておくと、

夜泣き 原因になってしまいます。

朝は早く起きて、夜は早めに寝かせるようにすると、

ちょうど赤ちゃんの成長のタイミングともあってきます。

生後4~6か月ごろになると、朝起きて、

夜寝るというリズムに慣れてきます。

だから、このときにうまく誘導すれば、

早く夜に泣いてしまうのをおさえることができます。 

 

 

 

夜泣き 原因を解消するための良い方法として、

朝、同じ時間に起こす、というやり方があります。

毎日起きる時間を決めておけば、生活リズムが整ってきます。

朝は起きて、夜は眠くなるようになります。

だから、めざましをセットして、早めに起こすことは、意味があるのです。

 

 

 

起こす時間帯としては、午前6時~7時半くらいの間が一番良いでしょう。

これくらい早く起きれば、昼寝をしたとしても、夜、早めの時間に眠くなりやすいです。

昼寝をするときは、午後1時~3時の間で、長くても1時間半に抑えるようにしましょう。

朝、遅くまで寝てくれると、たしかにママは楽です。

 

 

でも、それでは生活のリズムができていません。

だからこそ、少し早めに赤ちゃんを起こすようにしたいです。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史