TOP >> 夜泣きと発達障害の関係について教えます

産後ママの悩み解決します

夜泣きと発達障害の関係について詳しく教えます

夜泣きと発達障害の関係はある、という報告があります。

精神発達に遅延があったり、発達障害、情緒障害があると、

夜泣きしやすくなる、という関連性が指摘されています。

 

 

夜泣きと発達障害の関係がこのような状態にあるとき、

子供の生活パターンをいくら変更してみても、解決はしにくくなります。 

 

通常であれば、夜泣きをするのは、朝早く起こしていないせいです。

そして、昼寝が遅かったりします。

夜早く寝るには、早く起きてお昼寝は夕方にかからないようにし、

早めに夜はベッドに入る、という生活リズムが重要です。

 

 

しかし、夜泣きと発達障害の関係から考えるに、泣くときはすぐ、

早めに起こしたら成功するのかというと、そうでもない、ということも分かります。

いくら子供の生活パターンを変更しても、睡眠時間や睡眠障害は改善されないからです。

だから、夜に泣いてばかりいて大変なときは、

その現象だけではなく、背後にある原因にも目を向けるようにしたいです。 

 

 

 

自閉症児の場合は、泣いてしまうパターンと、

泣きはしないのだが、中途覚醒している、というケースがあります。

必ずしもわんわん泣いて、訴えるのではないということです。 

 

 

 

だいたい、生後3か月くらいから夜に泣くようになり、

これは1歳半まで続くものです。

その間は、つらいことも多くなると思いますが、

とりあえず早寝早起きさせてみて、

それでも改善しないようなら別の方法を考えていきましょう。

いつか必ず、終わりはやってきます。

 

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史