TOP >> 幼児教育に英語は、何故いいのか?

産後ママの悩み解決します

幼児教育に英語がいいと言うのは、本当か?

幼児教育 英語は、特に伸びしろの大きい部分があるのではないでしょうか。

幼児教育 英語がなぜいいのかというと、

脳の発達と影響しています。

 

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、

どのような言語も話すことができるという、潜在性を持っています。

しかし、日本に生まれ、日本語に日々囲まれた生活をしていると、

次第に日本語しかしゃべれなくなってしまいます。 

 

 

 

 

ところが、小さなころから他の言語にも同時に触れるようにしておくと、

吸収率が違ってきます。

中学になってから習い始めるのに比べると、

その発達度ははるかに高くなるということが言えるでしょう。

 

 

 

また、中学から始めると「お勉強」としてとらえてしまうので、

苦手感が大きいですが、小さなころから学んでおけば違います。

楽しく、遊びの一環として、自然に身に付けることができるのです。

こちらのほうが、お子さまにとっても、負担が小さいと言えそうですね。

 

 

 

 

では、実際にどのような方法で覚えさせるのかというと、

一番よく使われているのは、CDやDVDといった、音声や映像の教材です。

教科書を使う必要はありません。

もちろん使ったほうがなお良いのかもしれませんが、

ムリに使う必要はないのです。

 

 

 

そして、いつも、その音声に触れているような環境に子供を置きます。

できれば、お父さんかお母さん、

どちらかは日本語以外の言語のほうで、常にしゃべっていると良いでしょう。

そうすると、自然なものとして、習得していってくれます。

 



●貴女は こんな事で悩んでいませんか?

お子様を出産してから急にシミができて悩んでいるけど、
子育てが忙しくてお肌の手入れの時間が全然ない。


>>>ママになってもいつまでも素肌が美しくありたいと思っている方はコチラ

★必要なのは着けて寝るだけ!
お腹のお肉がどんどん無くなる魔法の骨盤ショーツ!

貴女の産後ダイエットにピッタリですね^^


>>>自宅で簡単「履くだけ」骨盤ケア【エクスレーブ】

●貴女のお子さんは、こんな悩みを抱えていませんか?

・アトピー性皮膚炎
・アレルギー体質
・乳児性湿疹
・食べこぼしやよだれによる肌あれ
・オムツかぶれやムレによる肌あれ

メニュー

美の歴史